帆柱5

帆柱新四国霊場-5番札所-【北九州のお遍路】

北九州帆柱新四国霊場の5番札所は浄土宗のお寺さんです。

国道3号線を小倉から黒崎駅へ向かって走ると左手側にあります。

お地蔵様、史蹟が数多くおまつりされているお寺です。

5番札所「浄蓮寺」

在地〒806-0022 
北九州市八幡西区藤田1-5-28
寺号法林山地蔵院浄蓮寺
宗派浄土宗
お寺のご本尊
脇侍
帆柱霊場のご本尊地蔵菩薩(愛宕地蔵尊)
釈迦如来ご真言おん かかかび さんまえい そわか
ご詠歌
大師堂の有無なし
弘法大師像なし(弘法大師像がないので東を向いてお経をあげました。)
開基不詳 
創建
御朱印

所在マップ

駐車場あります。

浄蓮寺

写真

駐車場の奥にお地蔵様のお堂があります。

浄蓮寺

愛宕地蔵尊と呼ばれ火除けのお地蔵様として親しまれています。

愛宕地蔵尊

愛宕地蔵さんの説明看板

愛宕地蔵尊

寄木造りの木造、座像のお地蔵さん。

愛宕地蔵尊

左手には「宝珠」を、右手には大乗僧の十八物の一つ「錫杖」を手にしているそうです。

その他

浄蓮寺のお地蔵様は愛宕地蔵尊と呼ばれ「火除け地蔵」として親しまれています。

火難よけの神様のことを「愛宕さま」と呼ぶことからこの名前が付いたそうです。

立っているお地蔵様は自ら苦悩する人々のもとに出向かれ救いの手を差し伸べ

座っているお地蔵様は、自らお地蔵様のもとへ行き、悩みを伝えることでそれを受け止めて救って下さる姿であるといわれているそうです。

浄蓮寺の愛宕地蔵尊は後者で、お願いに行く救って下さるそうです。

外部リンク

境内散策の様子は下記リンク先のブログをご覧ください。


【お遍路の豆知識】弘法大師信仰がきっかけ?
空海(弘法大師)も唐に渡り、中国の先進的な仏教を学び帰国、その偉業から死後に天皇より弘法大師のおくり名を授かり、死してなお修行しているという弘法大師信仰が広まる。そして四国の弘法大師の遺跡を巡る習慣が定着していき巡礼信仰、お遍路のさきがけが流行したそうです。

参考文献・資料等

・「帆柱山新四國開山九十周年誌」
 発行日:平成元年 三月 二十二日 
 発行人:帆柱山新四国霊場本部

・「浄蓮寺の史蹟と伝統」 
 発行日:平成十四年 四月 十四日
 編集:法林山地蔵院浄蓮寺、浄蓮寺前田観音堂改築委員会
 印刷:双羽印刷株式会社

   

Miyataが携わっている3事業

1⃣新築の建売り物件を安く購入する秘訣は?【㈲みどり不動産|北九州】

2⃣馬肉100%メンチカツと甘酒豆乳ミルクのお店【馬九|北九州】

3⃣北九州人のブログ・動画・SMSを応援するサイト【北九ペディア|北九州(メンバー募集中)】

-北九州お遍路

© 2022 みやちか絵巻